Cycle_Style_numa

アウトドア外遊び日記 シーカヤック&バックカントリースキー

2018北海道シーカヤックツアー Day1 番外編 アポイ岳

台風予報は24日~25日にかけて北海道に接近するらしい・・・

 

予想的には

道北・・・台風通過後に晴れるが波高2~3m.....んんんん

道南・・・台風通過後に曇り空そして時々雨、そして波高2~3m.....そうかぁ~

道東・・・台風通過後に曇り晴れ!.....いいねぇ~

 

道東となるとやはり「知床半島」か。

波は根室半島国後島が太平洋からの高い波をブロックしてくれる!

おおおおおおっ!

今年も知床半島にするか!

 

で、本日23日は日高の「アポイ岳」へ

なぜここに行こうかと思ったかというと・・・行きのAIRDOに「アポイ岳」が紹介されたから(笑)

相変わらず行き当たりばったり(笑)

 

夜明け前の札幌を出発し日高へ

 

日高道経由で3時間

交通量少なく快適ドライブ

 

f:id:nu-ma:20180823063145j:plain

出発は6:30

先行者に1組いるらしい

f:id:nu-ma:20180823063501j:plain

f:id:nu-ma:20180823064738j:plain

ガスがかかっていますが、上空には青空が!

今日一日天気良さそうです。

 

森の中を50分ゆっくり上がって5合目避難小屋

ここで先行の1組とご挨拶

聞くところによると、香港からのご夫妻

北海道をレンタカーでまわって山登りをしているらしい

f:id:nu-ma:20180823072712j:plain

f:id:nu-ma:20180823073430j:plain

ここから視界が開けて気持ち良い稜線歩き

f:id:nu-ma:20180823074915j:plain

f:id:nu-ma:20180823075336j:plain

f:id:nu-ma:20180823075955j:plain

f:id:nu-ma:20180823081230j:plain

 

特徴的なかんらん岩の岩場を登る

 

馬の背に上がると稜線に雲が掛かって展望がきかなくなる

そして、風が強く吹き上がっていく

f:id:nu-ma:20180823081341j:plain

涼しいというよりも寒い(笑)

 

旧幌満お花畑に向かう分岐を見つつ、アポイ岳の山頂へ

f:id:nu-ma:20180823083041j:plain

さっき森林限界を超えたはずなのに、またダケカンバが現れて2時間ちょうどで山頂に到着

f:id:nu-ma:20180823083248j:plain

鬱蒼としていて展望はまるでなし(笑)

 

帰り道は旧幌満の山道を通ってお花畑に向かう

藪をかき分けながら登山道を下っていく

f:id:nu-ma:20180823084754j:plain

f:id:nu-ma:20180823084930j:plain

 

フッと木々が開けると、目の前にお花畑の広場が下に見える

f:id:nu-ma:20180823090605j:plain

左手南には襟裳岬方面、右手北には日高の海岸線

f:id:nu-ma:20180823085351j:plain

f:id:nu-ma:20180823090551j:plain

青い海、青い空、そして緑の山・・・気持ちの良い風景

 

もと来た道に戻れば、行きに掛かっていたガスが取れて絶景を見ながら下っていく

f:id:nu-ma:20180823093746j:plain

f:id:nu-ma:20180823093959j:plain

f:id:nu-ma:20180823094248j:plain

f:id:nu-ma:20180823094548j:plain

テンション上がってきたので足どりも軽くて走るように下る

1時間で下山完了!

f:id:nu-ma:20180823110015j:plain

お~いいね!まだ10時です(笑)

 

 

アポイ山荘の温泉で汗を流す。

f:id:nu-ma:20180823112803j:plain

気持ち良い~

さてさて、これからどうしようかな(*´∀`)ノ