Cycle_Style_numa

アウトドア外遊び日記 シーカヤック&バックカントリースキー

2017三重シーカヤックツアー「南伊勢」Day2

テントの中がほんのり明るくなってきた・・・
西向きに開けた海岸なので、朝日はまだ当たってこない
時計を見れば、5時過ぎ・・・まだまだ寝られる!


テント入り口をメッシュだけにして、テント内の空気入れ替え
清々しい!で・・・・・もうすこしのんびり(笑)



眩しい青空
風もなく良い天気
湾外の海を見れば、まだ波は高い


朝食は昨晩の野菜残りを入れて、スープパスタ。



ではノンビリと出発


青い空に、青い海にテンション上がるわ



そうだ今日は平日でした・・・朝早くから漁師さんはお仕事しております。


湾内はチャプチャプ言う程度でしたが、岬を周りこんで外洋にでると
「ぐぅおおおおぉ〜」と正面からうねりがドンドコやっくる



岩場に当たる波が舞い上がって、白くかすんでる!


やっぱり黒潮流れる熊野灘はパワー抜群!



お尻に波パワーが伝わってくる
砕ける波の音も迫力あるね〜
楽しい!

写真撮ろうとカメラを構えると、うねりに巻かれてカヤックが流れる!
けれども、風無く波周期が長いから、そんなに怖い感じはしない

三陸の時よりFeathercraft K1 Expeditionを漕ぐのが慣れたのか?
フレームとか船体布が色々と馴染んだのか?
安定感が出てきた感じするなぁ〜


うねりにタイミングが合えば、一気に加速するように進む

音瀬ノ鼻→定ノ鼻を越えて広い神前湾

この先、五ヶ所湾まで漕いで行こうかと思っていました・・・
しかし、出発がノンビリしていたので、かなり急がないと最終のバス→紀勢線→新幹線に間に合わなそう



こういうときには急がないことにしよう!
どこか気持ち良さげな浜に上がって、のんびりしよう!
心持ち、パドルをつかむ手が緩み(笑) 肩の力も抜ける(笑)



ゴールを一つ手前の贄浦(にえうら)に変更!

見江島の水路を抜けて贄浦へ




湾を進んで行くと一気に海は落ち着き、南国ノンビリムード



贄浦漁港少し前の浜に上陸



キラキラの景色が眩しい
砂浜にカヤックを上げて、ノンビリします
ならば・・・残っていたワインをグビリ


かなり暑くなってきたので、海水浴
シュノーケルやマスク持ってくれば良かった〜
泳いだり、昼寝したり、飲んだり、昼ご飯作ったり・・・あっという間の3時間(笑)



名残ですが帰りのバスの時間もあるので、湾の奥の贄浦漁港へ



奥の奥まで青々とした海水



石で組んだスロープで上陸

ちょうど上がった所に木陰があって、撤収にはバッチリな場所


乾かしている間に近くを散策しますが、外までカラオケ大熱唱が聞こえる喫茶店以外は店が見当たらない。





またもや、冷たいビールはお預け(涙)


風がそよそよと吹いてきて気持ち良い
カヤックも風が当たると乾きが速い


しっかりとパッキングして、バス停へ


食料ぶんは軽くなったはずだけど重い(笑)



トコトコやって来たバスは、俺とおじいさんの二人だけ

JR伊勢相原に向かうバスに乗り換えるために、奈屋浦の神前で途中下車


バスの発車まで1時間弱あるので、近くの(リサーチ済み!)スーパーで、無事ビールを購入
1本を飲みながら街をぶらぶら


お〜っ顔に貫禄のある猫が居るではないか


港の正しい風景です


ビール2本目はバス停横の歩道に座って「プシュッ!」
夕方の風が気持ちいい



JR伊勢相原からは紀勢線ローカルで多気
接続の特急「南紀」を見送り・・・


多気からは快速「みえ」二次会(笑)・・・で名古屋

飲みながらだったからか、意外に近かったような・・・?


名古屋の新幹線ホームの「きしめん」食べて



新幹線内で三次会(笑)
公共交通機関を使った旅は、この飲みながらっていうのが楽しいな・・・



次の旅は7月下旬にロングの予定
早くもワクワク楽しみになってきた(*´∀`)ノ